読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kenkostyle2011’s blog

『世界の人々を勇気づけ、平和と豊かさに貢献する』

仕事術

1年の半月=1/24≒4%を振り返って・・・【仕事術:記事205】

今年も 1/24≒4%が過ぎた・・・ ここまでの自分の生活を振り返ってみると・・・ フランクリン手帳に 様々な目標に対するタスクを書き込んであるのだが・・・ 『今年から新たに、やり直そう・・・やることにしよう・・・』 と志したタスクが、なかなかこ…

時短真剣取り組みから一週間を振り返る・・・② 【仕事術:記事204】

全員 だんだん 『時短取り組み』が定着しつつあるような 手ごたえはある・・・ 所内会議では 全員に この 『時短取り組み』作戦の 役割を担ってもらった・・・ ■ 施錠当番 ■ 時短掛け声リーダー ■ タイムキーパー ■ 時短パトロール責任者 ~ サブ ■ アフター…

時短真剣取り組みから一週間を振り返る・・・①【仕事術:記事203】

今年に入り 我々 真剣に 『時短』に取り組んでいる・・・ 19:30以降残業禁止・・・ 全員 事務所を出たら、責任者の私に メール報告する・・・ (そのメールには 個人個人それぞれに、いろいろな言葉を添えて返信する) 残業は 『責任者への事前申告制』…

朝焼けを見ながら アファメーションをする 【仕事術:記事202】

前記事に書いたように 最近 仕事場までの往復ランニングをしている・・・ 最高の朝を迎えられて・・・ 充実した一日が送れる理由のひとつに 朝のランニング・・・だけでなく・・・ 朝焼け ~ 日の出 を見ながら 『アファメーション』をしてます。 途中、河 …

 『壁』を越える練習法 【仕事術:記事201】

例えば、ゴルフのスイングスピ―ドを上げる・・・という目標がある場合 必要な筋肉を鍛える・・・ フォームを改善する・・・ という 通常の練習は当然だが ドライバーを逆さにもって、ブルンブルン振りまわす・・・ 実際にドライバーより はるかに 早く振れる…

自信を付けるには・・・??? 【仕事術:記事200】

これから 書くことは、 教えてもらった 受け売りです。 せっかく学んだので、復讐のために、味わって 書いてみました。 『自信』 → 大きく分けて二つある。 ①「自己効力感」 → 「自分はやれる」という自信 ②「自己肯定感」 → 「自分は大好き」という自信 こ…

できているつもりでも、できてないことを、いかにできるようにするか・・・? 【仕事術:記事199】

これは 私のゴルフの師匠の話・・・ 私のゴロフの師匠は、趣味が豊富 テニスでは、自分でできている・・・と思っていても、インストラクターから、「全然できていない」と指摘されることが多いという。 パラグライダーでも、自分はできている・・・と思って…

時短への取り組み①【仕事術:記事198】

私が責任者をしているのは、約120億円のプロジェクト。 組織としては、新天地で 11月に立ち上がったばかり。 まだ、予定人員すべてはそろっていなく、立ち上げ時期なので、計画立案等・・ 業務量は相当ある・・・ また、組織構成員も 心もとない人間はま…

管理職バカの バカ管理【仕事術:記事197】

私の所属してる会社の身近なところに 『バカ管理職』の男がいる。 この男、人を常に管理していたい・・・ それだけを全うするなら まだ 仕事に忠実な管理職・・・かもしれない でも この男、自分が結局一番かわいい・・・ どこの組織にも 顔を出し おまけに …

絶対達成させること 2017 【仕事術:記事196】

■ 瞑想+アファメーション → 1日5回 将来のビジョンを常に見据えて、最短距離で行動をできるようにするため ■ 将来のビジネス構築だけを考える時間を 1日の1%≒15分間 必ず確保する。 具体的な案・計画をまとめて、今年は具体的な行動に移す。 ■ 歌唱力…

2017一年の計は元旦にあり 【仕事術:記事195】

一年の計は元旦にあり 自分の場合は 元旦から良いスタートができるように、旧年中の大晦日までに新年の計画を立てるようにしている。 2016年の 計画がどうだったか振り返ると 達成できたもの 達成できなかったもの まったく 達成には程遠かったもの・・…

 上司の言うことは絶対か??? 【仕事術:記事194】

先日、非常に人気のない人間が、若手に向かって 「上司の言うことは絶対だ」と ご訓示を垂れられていた。 確かに、そうかもしれない・・・??? いや、果たしてそうか・・・??? 確かに 部下よりも上司のほうが、大局的に見ているから、見方は正しいこと…

自分の自惚れを反省 【仕事術:記事193】

最近、私が 責任者をしている現場で、『休業災害』を起こしてしまった。 私はいままで、この『休業災害』を、自分が責任者の現場では起こしたことがない。 ただ、どんどん、どんどん 持つ現場が大きくなってきているから、危険性が大きくなってきている。だ…

練習の仕方を間違うと やればやるほど下手になる 【仕事術:記事192】

なんでも 物事を始めた初期のころは、『練習すればするほどうまくなる』 これは 間違いない。 決して努力は裏切らないし、無駄にならない。 ただ、 最近思うのが、始めてから20年経つゴルフに関しては、『練習すればするほどうまくなる』という簡単なもの…

砂時計を使って、短時間超集中 やってみました【仕事術:記事191】

先日、ひさびさに 超早く就寝しました。 21:00に就寝し 自然に 5時に目覚め・・・ 朝から ストレッチ ~ 軽く筋トレ・・・ 万全の状態で たまった仕事に挑みました。 前日には、フランクリン手帳に タスクを10個以上書き出しておいた。 それぞれの タスクを…

『了解しました』の違和感 【仕事術:記事190】

『了解しました』という言葉に 違和感を感じることが多い。 目上の方から 指示されたことに対しては 『承知しました』が正しい。 それ以外には 例えば、部下からの上司に対する愛で 「これを 報告しておいてあげたら 上司は喜ぶだろうな・・・」という 義務…

かけた情けは水に流せ。受けた情けは石に刻め。 【仕事術:記事189】

『かけた情けは水に流せ。受けた情けは石に刻め。』 この言葉は、自分にとって 『仕事の師匠』である方から、いやというほど、大切さを思い知らしていただいた言葉だ。 この師匠は 出会った時から、私を可愛がってくれて、仕事のイロハ ~ いろいろと厳しく…

『できない』の言葉の殆どは、『やったことない』 【仕事術:記事188】

『改革』を阻む勢力は いろいろと難癖つけて 『できない』理由を並べ上げる。 でも そのほとんどが、『やりたくない』・・・という気持ちの表れ。 あるいは、『やったことない』ことへの 不安や恐怖の表れ。 『できる理由』を見つけ、思いっきり、そんな 人…

意識改革 【仕事術:記事187】

組織の意識改革 とは 簡単に言われるが非常に難しい。 最近では、リーダーや管理者が、部下などの組織構成員に 気を遣いすぎていたり・・・ 顔色を窺いすぎて、何もできない・・・といった場合も実は多い。 でも、意識改革とは その人たちの意識を改革するこ…

PDCAの回し方・・・??? 本当に『計画』できてるか?【仕事術:記事186】

『PDCAを回す』・・・聞き飽きてるかもしれない。 でも、これが本当にできている人は、実は少ない。 P=Plan さえも 具体的に作ることができない人も多い。 自分一人の個人的目標なら、誰に公表する必要もないが・・・ 自分が 組織の長 あるいは リ…

『伝え方』・・・きちんと伝わっているか把握しないと・・・【仕事術:記事185】

はたから見ていて、仕事において、周りがうまくついていけない・・・という人 あるいは、周りをうまく回してあげられない・・・という人 は ほとんどの場合、『伝え方』が非常に下手である。 あそこに書いてある・・・ 言ってある・・・ 指示してある・・・ …

官庁・民間の根回しの差・・・【仕事術:記事184】

昨日、ある行政のトップに呼ばれ面会をさせていただいた。 ビッグプロジェクトの金額について・・・だった。 ところが、伺ってみると、そのトップ ~ サブ ~ 取り巻き・・・みな、 口をそろえ て・・・ 「お互い厳しい状況ではありますが、なんとか、最後の…

仕事・ビジネス・健康維持・歌・ゴルフ・・・共通点【仕事術:記事183】

自分は欲張りな人間かもしれない。 『二兎を追うものは一兎も得ず』と言われるが、超一流に極める・・・という事でなければ、ある程度のことなら、『二兎を追うものは三兎も得れる』と自分は思っている。 全然異なる と 思う事でも、 必ず共通点があり、常に…

あ~夏休み・・・【その他:記事120】

先日、暑い中を、歩いているときに、ふと思い出した・・・ そして、頭の中がタイムスリップしたような、不思議な感覚に襲われた・・・ 小学校のころの 祖母の住む田舎に行った時の、田んぼのにおい・・・ ギラギラと照り付ける太陽・・・ 岩にしみいるような…

ワンマン体制 VS 集団指導体制【仕事術:記事182】

ワンマンとは →他の人の意見や批判に耳を貸さず、自分の思いどおりに支配する人。独裁的な人。「―社長」 ワンマンの対義語は調べても、ぴたりと当てはまるものがない。 周りと意見を調和させながら、組織を動かす人・体制・・・と言ったところか。 ■ワンマン…

マジック点灯?【その他:記事119】

広島カ自分がープのマジック点灯(優勝へのカウントダウン)はいつか???待ちわびるところですが・・・ 自分がわかってるようで、説明できるほどわかってないので、調べてみました。 ■自力優勝消滅とは 自分のチームが残り試合全勝しても、優勝できる可能…

能ある鷹の爪は垣間見える(メール1本でさえ)【仕事術:記事181】

◎できる人 →「即リアクション」を習慣つけている。 できる人になりたいなら、今から「即リアクション」をするクセをつければいい。 ◎できる人 → 返信に時間かかるメールも、まずは 「メールありがとうございました。今、出先のため、戻り次第熟読後、遅くと…

2年間プロジェクトの日割工程表作成しました【仕事術:記事180】

2年間に及ぶビッグプロジェクトの 日割り工程表を作成しました。 3週間くらいかかったかな・・・ プロジェクトの仲間に指し示せる意味が強いが、なにより、自分が一番 頭が整理できる。 完成して、非常にすがすがしい気分です。 これを より 実施詳細工程…

強い現場を作る(改革は一直線にはいかない)【仕事術:記事179】

改善と改革は違う。 ■改善は基本的に同じ価値観のもとで物事をよりよく変えていくことを意味しているから、そのまま混乱なく進むことも多い ■改革というのは計画的に、一直線に進むとは限らないものである。 改革は、それを前に進める過程で価値基準の転換を…

強い現場を作る(改善と改革)【仕事術:記事178】

◎「改善」と「改革」はどちらか一方だけを選択するというものではなく、共存させるべきものである。改善も満足にできていない会社が、改革を振りかざしても上手くいくわけがない。 改革をビジネスで例えると 「5~10年ごとに行うべきビジネスの仕組みの構造…

強い現場を作る(改善のレベルを考える) 【仕事術:記事177】

(これも ネットで見て勉強になった記事を参考にしております) 「改善」という言葉を日頃何気なく使っているが、その言葉の持つ意味合い、重さは会社によって異なる。 改善とは、「自主的に業務のあり方を考え、課題を発見し、解決を導き出す活動」改善とは…

改革なくして変革なし???【仕事術:記事176】

改善・改革・革新・変革・・・違いが自分でよくわからなかったので、ネットで調べてみました。ネットからのパクリです。 ■ 改善とは?悪いところを改めてよくすること。物事をよい方に改めること。 →改めて善くする■ 改革とは?従来の制度などを改めてよりよ…

『超変革』に向けて ⑦  【仕事術:記事175】

チームの結果が出ないとき、 フロントは、現場を・・・ 監督は、選手を・・・ 選手は、監督を・・・ 責める場面はよく見受けられる。 でも、悪い結果には、 責任の割合は別として、そのチームに属するすべての人間が、100%でないならば、 1%でも 責任…

『超変革』に向けて ⑥  【仕事術:記事174】

タイガースファンではないが、あまりにも ふがいない。 『超変革』とはなんなのか? 『意識』を変えて、チームを生まれ変わらせて、常勝チームを作り上げることではないか? チームを生まれ変わらせて・・・というのは、メンバーを入れ替える・・・というこ…

『超変革』 について ⑤ → 自己変革 【仕事術:記事173】

自分を変えたい・・・と心底思う人には、『自己変革』は意外と簡単にできることなのかもしれない。 将来、経営者を目指す人が、明日に 孫正義氏のようになるのは不可能だが、 今日の自分より、確実に前進した自分に『変革』することはそんなに難しくない。 …

『超変革』 について ④ → 2・3年先見据えて・・・ある意味逃げでは? 【仕事術:記事172】

金本阪神が最近たたかれている。 プロの世界だから、仕方ない。 評論家の中には、金本監督は3年後4年後、常勝チーム築けるようなチーム作りを。と言っている。 なので 若手に切り替えて、辛抱して使い続けろ・・・と言う。 でも、いくら若手を育てても、全…

『超変革』 サラリーマン編 ③ →思い込んでる常識をぶち壊してやろう 【仕事術:記事171】

プロ野球になぞって ①②と書いてはきたが、 プロ野球はプロの世界 サラリーマンは プロ意識がない人間が多い。 プロ意識がない人間は、仕事のプライドは そんなにない。 でも、一丁前に 自分がやってきたことからの 変化を嫌う。 でも・・・ こう言っては何だ…

超変革 サラリーマン編(カープに学ぶ) ② 【仕事術:記事170】

ご存知の通り、今年 できすぎくらいに『神ってる』カープ。 このできすぎは 決して 偶然ではない。 昨年とあまり メンバーは変わっていない。大きな穴は マエケンが抜けたこと。 だが、昨年の失敗・屈辱を素直に反省し、 まず 打線の改革に秋季キャンプから…

超変革 サラリーマン編 ① 【仕事術:記事169】

私は、カープファン。 カープで育った、金本新監督のタイガースの動向は、やはり気になる。 この金本監督が掲げた、『超変革』 ここまで、うまく行ってるとは、言い難いが、前半戦だけで、結果を問われるものでもない。 解説者・評論家は、好き勝手なことを…

建設小町の躍進に期待④ 【仕事術:記事168】

先日、建設こまちのグループ活動の発表を聞く機会があった。 8割は応援の気持ちだが、2割は やや違和感を覚えた・・・ その違和感というと、しきりに、『私たちにはロールモデルがいない・・・』と言っていた。 『はやくロールモデルを作ってほしい・・・』…

会議でイライラしない方法  【仕事術:記事167】

会議中 腹が立つときの対処法 わたしも、恥ずかしながら、短気でアツくなりがちです・・・ 会議では、くだらない意見や 視野の狭い意見 を聞くと、腹が立ちます。 どうでもいい意見を、長々と話す人間にも 会議そのものにも 腹が立ちます。 自分のできる範囲…

社長に必要な能力??? ① 【仕事術:記事166】

私が籍を置いてるのは、大手一部上場会社である。 最近、ことによく考える。 会社で出世する・・・ということはどういうことなのか? どういう人間が、求められているのか??? 1万人以上いる会社だから、そこで、専務・副社長・社長に上り詰めるのは、そ…

窓口になるプライド・・・【仕事術:記事165】

自分もそうだったが、若い衆を見ていて、伸びる人間に共通しているのは・・・ 仕事の経験が浅くても、技量が足りなくても・・・ 自分が担当ならば、その担当範囲に関する情報は、常に、「自分が窓口だ」というプライドを持っているか・・・だ。 まず、自分の…

建設小町の躍進に期待③ 【仕事術:記事164】

まず、勤務体系も日本には、改善の余地が多々ある。 例えば、小さい子供を育てながらの勤務・・・ 毎日定時には帰社せざるを得ない女性・・・ でも、実力があるなら、こういう方の活躍の場を建設業(日本全体の問題だが、特に建設業は考え方が古い)で、失うの…

建設小町の躍進に期待② 【仕事術:記事164】

厳しい見方をすると、だらしない男性もゴロゴロいるが、 女性の地位向上ばかりを叫んで、自分の実力を磨く、伸ばすことがおろそかになっている建設小町も多々いるように思う。 男性・女性関係なく、実力で評価されることを主張するべきだと思う。 また、実力…

建設小町の躍進に期待① 【仕事術:記事163】

自分のいる、建設業では、そこに携わる女性を『建設小町』と呼ぶようになっている。 女性の躍進に素直に期待したいところだ。 女性現場監督や女性作業員も徐々に増えつつある。 ただ、そこには、簡単にはいかないいろいろなハードルがある。 安倍総理が掲げ…

『習慣化』に向けて21日間は継続させる・・・【仕事術:記事162】

『習慣化』がきちんとされていれば、勝負はついたようなもの。それが、コンフォートゾーンになっていて、やらないと気持ち悪くなり、勝手にやる ようになる。しかし、『習慣化』しきっていない時点では、 『習慣化』に向けて、やれている時は、やれて、だん…

フルモードとローモード・・・うまく付き合って、『習慣化』する 【仕事術:記事162】

フルモードになればなるほど、 どんどんアイディアが浮かび量を 効率よく こなせるようになる。 逆に、ローモードになると、いまいち 効率が上がらない状態になり、なかなか 量をこなせなくなってしまう。そこで、一旦 立ち止まってしまうと、 リスタートす…

アファメーションで人生を思いのままにしよう

【仕事術:記事161】 一日三回 各1分でもアファメーションをやったほうがいいです。 それが習慣になり、いつでも、アファメーションするようになると自己評価が上がる。 成功とは、高い自己評価が生み出した結果だそうです。 人間の脳は、思ったことしか見え…

闘う集団=全員がある部分のリーダー

【仕事術:記事160】 リーダーは自分の管理の範囲において全責任を負う覚悟を持っておく。 そして、その管理の範囲においては、あらゆる情報も収集して適切な判断がいつでもできるようにしておく。 その管理の範囲の中では、いろいろなセクションリーダー(サ…