kenkostyle2011’s blog

『世界の人々を勇気づけ、平和と豊かさに貢献する』

パブロとブルーノ


権利的収入のイメージ

毎日1000m先の川にバケツ一杯の水を汲みに行くことがノルマとします。
毎日毎日同じことを繰り返す。。。。
そこで、頭を使います。
毎日、一時間だけ、夜残業・または朝残業して、1mだけ溝を掘ります。
それを毎日毎日、、、、続けます。
その毎日一時間の努力が、やがて実を結び、1000日後には、川までの水路ができあがります。
その瞬間、その水路からは、一時も休まることなく、水が家に供給されます。
それも、今まで組んでいた量以上に。
権利的収入は、その権利を作ることで、その権利から得られる収入です。
労働収入とは全く、発想が異なります。
一部の特別な人だけが、これを得られるのではありません。
それに気づいた人が、それを得ようと努力をして、得られるのです。

【ビジネス:記事⑪】