kenkostyle2011’s blog

『世界の人々を勇気づけ、平和と豊かさに貢献する』

新国立競技場計画の2520億円は高いか安いか

私も、一級建築士として、一級施工管理技師として、大手ゼネコンの内情を知るものとして・・・・・申し上げます。

高すぎます。確かに、難工事ではあるが、難工事であるがゆえに、コストの中に、リスクヘッジが何重にも入れ込まれている。

まずは、鉄骨業者も含めて、必ず ゼネコンは 協力業者に、下見積もりを取る。

その下見積もりも、協力業者にとって経験ない規模の工事だから、通常の数倍の経費とリスクヘッジを見込んでいる。ゼネコンもさらに、リスクヘッジや経費を大きく盛り込んで、膨らませたうえでコストを算出している。

それに加え、交渉事として、一度落札したら、今度はコストを吊り上げるほうに動く。

国が オリンピックに向けて、時間がどんどんなくなってきていることを逆手に取り、国が断れない状況を見据え、足元を見て、どんどん増要因を追加していく・・・

実際に、施工予定業者のやり方では、このようなやり方は、よくやる手法だ。

また、悲しいことに、それを、きちんと 査定できる能力が、文部科学省にはあるわけない。

いまの最新の計画で、再度コンペをやれば、2000億を切る価格で出してくるゼネコンもいるはずだ。(本気で落札しようとするゼネコンが他にあるならば)

私の予想では、驚くほどの、利益を盛り込んでいるはずだ。

安倍政権の評価云々は別として、計画を白紙に戻そうとする決断には、絶対に正しい。

 

【その他:記事39】