kenkostyle2011’s blog

『世界の人々を勇気づけ、平和と豊かさに貢献する』

ランニングマシンは邪道か?①

私は、マラソンの練習に

ロードのジョギング と スポーツクラブのランニングマシン と を使い分けている。

1:2くらいで。

毎日、ロードを走っている方は、なかには、ランニングマシンは連取にはならない。邪道だ・・・という方もおられるだろう。

 

ランニングマシンの良さ

〈良い点〉

・ゴムの上を走るので、ひざにやさしい = 怪我をしにくい

・明るいところで走れるので、夜のジョギングより怪我する可能性が低い。

・空調管理された、屋内で走るので、今の時期は、外よりも汗をかきやすいので、減量にはよい。

・スピードや距離、消費カロリー、脈拍など 正確に分かる

・例えば 路上で走る時速10km よりも ランニングマシンの上では、時速10kmに設定しても、体感速度はランニングマシンのほうが早く感じる。(これは、足の設置時は自力だけでなく、ゴムベルトが足を後ろに運んでくれるので、明らかに ロードのジョギングより易しくなる分、速度を早めに設定してるのではないか???と勝手に想像する)

・テレビを見ながら走れる。 等

〈悪い点〉

・ロードのジョギングよりも、負荷が少ない分、ランニングマシンだけでは、鍛えきれない。

・足の設置時は、ゴムベルトも足を後ろに運んでくれてる分、明らかに ロードのジョギングよりも負荷は少ない。

・その場を走ってるだけなので、飽きやすい。 集中力が切れやすい。いつでもすとっぷできてしまう。

 

【健康・アンチエイジング:記事65】