kenkostyle2011’s blog

『世界の人々を勇気づけ、平和と豊かさに貢献する』

白鵬の立ち合いで変化するのは批判されることか?

【その他:記事67】

白鵬の立ち合いで変化するのは批判されることか?

私は、時々なら『あり』だと思う。

世間一般の人は、いつも真っ向勝負で堂々と正面から相手を受け止め、動じず、横綱相撲で勝つ・・・というのを期待する気持ちもよくわかる。

でも、横綱も人間だし、長く横綱を張るには、その相手を迷わして混乱させるのも次へつながる作戦のうち。いろんなバリエーションの攻め方をして、結果的に勝つことは、

決して批判されるものではないと思う。

横綱が立ち合いで変化をして勝つのは、一瞬にして勝負が決まるから、観ていて楽しくはないが、下位の力士が『イチかバチか』でやるのではなく、相手を上からあざ笑うかのように、よく見ながら、いつでも次の攻めにいけるぞ・・・という体勢で変化して勝つのも、立派な横綱相撲だと思う。

審議委員会や理事長やファンが、いろいろ言うが、決められたルールの中で、別に汚いことをしてるわけではないので、そういう声ももろともせず堂々としているのも、横綱の品格だと思う。(おそらく、白鵬には、そんな声に対する反発もあるのでは? )