kenkostyle2011’s blog

『世界の人々を勇気づけ、平和と豊かさに貢献する』

主がいなくなった家

【その他:記事74】

ちょうと二年前に、祖母が亡くなった。
昨日、三回忌法要で帰った。

祖母は、早くに 夫の祖父を亡くし、そこから、40年近く 屋敷で一人暮らし。
享年95まで、ほぼ一人暮らしを全うした。

私の父(長男) そして 私(長男の長男) が 実家に戻って暮らす可能性も少な
いのに、そのために、毎年毎年、リニューアルを繰返し・・・・していた。

その家を守る・・・というのが、その家に嫁いだ祖母の『ライフワーク』そのもの
だった・・・

その『主がいなくなった家』も定期的に父親が手入れを頼んではいるが、

畑もなくなり・・・
雑草も増え・・・・
庭の木々も少しずつ乱れ始め・・・

『主のいなくなった家』は劣化が激しいのがよく分かる・・・

築100年以上の屋敷。これは 曽祖父が建てたもの。

ここまで先祖が、生命の営みをしてきたこの屋敷・・・
これから先、もっと劣化するだろう・・・

いろいろと考えさせられることが多かった・・・