kenkostyle2011’s blog

『世界の人々を勇気づけ、平和と豊かさに貢献する』

みかんの缶詰め

【健康アンチエイジング:記事93】

みかんの缶詰め・・・小学生の時、大好きだった。

でも、あることを知ってそれ以来、嫌いになった。

先日 テレビでも 同じことをやっていた。

 

みかんの缶詰めの中身のみかんは、どうして、薄皮がないのか???

答えは、工場で 薄皮を溶かすから。

 

まず最初に、塩素に漬け込み、そのあと、苛性ソーダの中でかき回すと、見事に薄皮はなくなり、あとは洗って、缶詰めに詰め込むだけ・・・

 

ちょっと待て。

塩素・・・・ 水道水にも混ざってはいるが、身体にいいものではない。

時には活性酸素と同じように、身体の中で悪さもする。

苛性ソーダ・・・・市販の石鹸を固める材料として使われるものだが、身体に良いものではない。石鹸だから良い・・・のではなく、実はわるいもの。肌は弱酸性なのに、苛性ソーダは、アルカリ性である。肌のデリケートな人は、あまり市販の石鹸は使わないほうがよいくらいだ。

 

塩素と苛性ソーダをふんだんに含んだ、みかんの奥の奥まで、洗ってもあらっても撮れないはず。大量に含んだまま、缶詰めされているはずだ。

塩素と苛性ソーダを大量に、みかんと一緒に我々は口にいれてしまっているのだ。

身体に良いわけはない。