kenkostyle2011’s blog

『世界の人々を勇気づけ、平和と豊かさに貢献する』

ランナー膝を防ごう

【健康アンチエイジング:記事97】

ランニングやジョギングなどを始めたばかりの人は膝が痛くなる
傾向が多いようです。

ランナーに起こる様々な症状の中でも、代表的なものとして挙げられるのがランナー膝です。

 

なぜひざが痛くなってしまうのか

 →初心者の方は基礎体力や筋力が備わっていないうちに、いきなり
走り始めてしまい膝を痛めてしまうのです。

長距離、あるいはスピード走ではそれだけ身体、筋肉、関節への負担は大きくなります。

筋力が弱ければ、数百kgという衝撃が何度も何度も関節(ひざ)にダイレクトに行ってしまうため、故障が起きても不思議ではないのです。

 

◎怪我をしないために必要なこととは

①筋力の強化

特に大腿四頭筋(太ももの全面の筋肉)を強化する。

 

スクワットはキング・オブ・トレーニングと言われるくらい
代表的で効果的なトレーニングです。スクワットで下半身を
まんべんなく鍛えることが出来るのでおすすめです。

 

②最適なシューズ選び

軽くて薄いレース用シューズは避け、クッション性と安定性のよいシューズをはく。

 

走るときは必ずランニングシューズを履きます。決してスニーカー などで走ってはいけません。
擦り減ったシューズも怪我の元です。注意必要

③ランニングフォームの改善

悪いランニングフォームで走り続けると膝が痛くなることが
あります。

 

上下動の大きなフォームを改め、着地時の衝撃の少ないなめらかなフォームにする。

 

特に、着地時のフォームには十分気を付けたいものです。 出来るだけ重心の真下で着地するなど基本フォームを見直してみましょう。