kenkostyle2011’s blog

『世界の人々を勇気づけ、平和と豊かさに貢献する』

血管のアンチエイジング③

【健康アンチエイジング:記事117】

血管のアンチエイジングはどうすればよいか。?

①抗酸化ビタミン摂取

②減塩
塩分すなわちナトリウムは血管の組織に入ると血管を硬化させます
ナトリウムの増加は血圧を上昇させるレニンなどのホルモンの分泌も促してしまい
ます。

食物繊維摂取
食物繊維は水に溶ける水溶性のものと,水に溶けない不溶性のものとがあり,水溶
性のものは腸内で胆汁酸を取り込むはたらきがあります。
 この失われた胆汁酸を補充するために,肝臓は胆汁酸の原料となるコレステロール
を血液中から取り込みます。このメカニズムでコレステロール値が下がる。
  水溶性食物繊維にはリンゴ,海草類,納豆,ごぼう,こんにゃく,などの食物に
含まれています。

マグネシウム摂取
マグネシウムのは,心臓の細胞に入り込んで,
カルシウムなどが血管壁に付着し起
こる動脈硬化や,カルシウムによる血管の収縮を抑さえる効果もある。
 現代人はマグネシウム不足におちいりがちであり,マグネシウムを多く含む,納
豆,豆乳,木綿豆腐,アーモンドなどの食品で補える

⑤血流改善
血液サラサラ状態を作る
・血液を改善するには,繊維質のものを多く摂ったり,水分をこまめに補給すること
が大切

有酸素運動
 ・ウオーキング,ジョギング,水泳など。これらの有酸素運動は血管を開き,血液の
流れをよくするだけでなく,中性脂肪を分解する酵素の働きを活発にし,善玉コレス
テロールを増やすことができる。
有酸素運動により,中性脂肪が分解され,その結果,善玉コレステロールが増える
ため,動脈硬化予防に効果がある。
・あまり過激な運動は大量に活性酸素を発生させ,血管の圧力も高めるので,血管の
アンチエイジングには向いていないどころか,老化を促進させることにつながるので
注意。