kenkostyle2011’s blog

『世界の人々を勇気づけ、平和と豊かさに貢献する』

『報告を上げろ』・・・うだつがあがらない自己保身上司

【仕事術:記事134】

前にも、同様の内容を書かせて頂いたことがありますが、

『うだつの上がらない上司』はすぐ、『報告を上げろ』と言う。

私に言わせれば、「報告をしてくれ」で良いと思う。

自分が、常に『上』に君臨して、『下』から『上がってくる』もの・・・という考え
方から直したほうがいい。

組織上では『上』でも、一緒にチームとして取り組んでいくんだから、「報告をして
くれ」「報告を頼む」で良いと思う。

『うだつのあがらない上司』ほど、現場や最前線の思いを理解できず、ややこしいと
ころには目をつぶり、事務所でふんぞり返っていて、『報告待ち』にしているものも
多い気がする。

それと自己保身で『報告を上げろ』と言ってる場合も多い。

それより『報告が自然と入ってくる』組織を作ることのほうが大事。

もっと言うと、『報告が入ってくる』前に、『におい』『雰囲気』を感じ、察する嗅
覚があればさらにいいと思う。
『意を決して報告』しようと手をこまねいている状況を察し、手をさしのべ、『早め
に報告が入る』ように促せればさらにいいと思う。
(もちろん、膨大な部分を全て察することはできないかもしれないが)