読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kenkostyle2011’s blog

『世界の人々を勇気づけ、平和と豊かさに貢献する』

スポーツ選手に筋トレは必要?不必要?

【健康アンチエイジング:記事168】

先日、イチローが、ダルビッシュや大谷選手がやっている、肉体改造は「やるべきではない・・・」とコメントしていた。

ダルビッシュや大谷は、ここ1・2年で体重が10kg近く増えるくらい、筋肉をつけている。

 

スポーツ選手にとって、そのスポーツに必要な筋肉がある。

例えば、投手だったら、腕周りや胸回りに必要以上に筋肉をつけてしまうと、逆に動きが悪くなるのも確かにある。筋肉を付けすぎて、しなやかな身体が失われ、回りにくく、動かしにくい身体になったしまう場合も確かにある。

 

あと競技の種類によって、持久力系筋肉と瞬発力系筋肉もある。

 

けがをしない体づくりには、筋肉トレーニングは不可欠だと思う。

 

ただ、その競技に必要、自分にとって必要な筋肉をどうつけていくか・・・

というのを、第三者=正しい知識のトレーナー と 相談しながらやっていくのなら、全然問題ないと思う。

マシンなら、通常のトレーニングで鍛えられない筋肉を効率よく鍛えられる・・・ということもある。

 

イチローなんかは、筋力トレーニングに頼らず、徹頭徹尾、自分のルーティーンをくずさず、自分の練習によって、自分の動きに必要な筋肉を維持してるんだとおもう。

 

ダルビッシュはけがをしたし、大谷はピッチャーだから、肩は消耗品・・・という考えもあって、すべてを走り込みや投げ込みに使うのではなく、身体全体の筋力アップによって、レベルアップを図ろうとしてるんだと思う。