読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kenkostyle2011’s blog

『世界の人々を勇気づけ、平和と豊かさに貢献する』

『超変革』 サラリーマン編 ③ →思い込んでる常識をぶち壊してやろう 【仕事術:記事171】

プロ野球になぞって ①②と書いてはきたが、

 

プロ野球はプロの世界

サラリーマンは プロ意識がない人間が多い。

 

プロ意識がない人間は、仕事のプライドは そんなにない。

でも、一丁前に 自分がやってきたことからの 変化を嫌う。

 

でも・・・ こう言っては何だが、サラリーマンに、『できる人間』は実は数少ない。

 

あまり、気を使いすぎず、経営者は 思い切った改革を 思ったようにやっていい。

 

大企業は、また 別の改革の仕方があると思うが

ある程度の規模までの中小企業だったら、『超変革』も夢ではない。

 

好きではないが、M&Aを繰り返している 日本電産の永守会長は 新たに買収した会社では、自分が『すぐ来い』と指示したら、相手が部長でも それ以上でも 走って自分のところへ来ないと怒るそう。

このやり方には疑問もあるが、それでも 大っぴらに文句やクーデターが起きないのはどうしてか?

 

『絶対的な力の差』があるからだ。

 

社員に 実力的に絶対に負けない・・・と 社長が自負しているならば、それを見せつ

け(背中でもよし。言葉でもよし。行動でもよし)、その絶対的な力で 納得をさせ、

その社員たちが 長年やってきた、 考え方~仕事のやり方~仕事のペース を 思いっきり ぶち壊してしまうのがよい。

 

それに 反抗するほど、力のある社員は実は少ないはずだ。

 

飲み屋でくだ巻いてる社員たちも、面と向かって 反論や 代替案を持ち込んでくるような骨のある社員は少ないだろうし、 骨のある社員が新たに見つかったら、ラッキーと思えばよい。

 

人間、定時の8:30~17:30 まで 100%完全集中して仕事をし続けたとしたら、方向が間違っていなければ、最低でも3倍の出来高にできる。

 

方向性と考え方も 正しい方向に変えれば、いまの10倍だって 成果を出すことは難しくない。

自分はそう思う。

 

社長が、本気で 『超変革』をしたいならば・・・

『挨拶』~『歩く速度』~『話す長さ』~『会議のやり方』~

移動時に頭は休憩している、『外回りのやり方』~

 いまのやっていることを 『2倍速』『3倍速』に早めさせる指導くらいはすぐできる。

それに 方向性 戦略性 を 納得させて、迷いをなくさせれが それにレバレッジが効いてくる。

 

①と正反対のようなことを書くが、

 

『興味を持たせる』・・・とか

『やる気を出させる』・・・とか

あまり、下の人間 ・ 実力のない人間 に 気を使いすぎるのも 良くないことだ。

その人たちは、 『できる人間』が どんなやり方で成果を出してきたか・・・ 見てきたようで実は見えていない。

本当の核心部分は気づいていない。

気づいてる人間なら、『できる人間』になっているはず。

 

その人たちのためにも、

もっと殻を破りたい人たちのためにも、

会社のためにも、

いま 『勝手に思い込んでいる常識』=これくらいしか無理だろう・・・

                 =これくらいが精いっぱいだろう・・・

                 =そうはいっても現場では・・・

 

を 一気にぶち壊して あらたな 『コンフォートゾーン』を作ってあげるのも愛だと思う。