読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kenkostyle2011’s blog

『世界の人々を勇気づけ、平和と豊かさに貢献する』

ダブルぺリア方式を理解して、ゴルフコンペに強くなる【健康アンチエイジング:記事219】

健康・アンチエイジング

「ゴルフ」の画像検索結果

 

ゴルフコンペ。

せっかく、大切な休日の時間とお金を使うなら、ゴルフコンペで勝つ確率も少しでも上げたい。

 

よく使われるのが、ダブルぺリア方式。

 

単純に言うと、隠しホールのろころだけで もらえるハンデが決まる。

 

●ダブルパーカット ならば、 

隠しホールpar5のところは、どんなに叩いても、10打として計算される

隠しホールpar4のところは、どんなに叩いても、 8打として計算される

隠しホールpar3のところは、どんなに叩いても、 6打として計算される

 

●トリプル(ボギー)カットならば、

隠しホールpar5のところは、どんなに叩いても、 8打として計算される

隠しホールpar4のところは、どんなに叩いても、 7打として計算される

隠しホールpar3のところは、どんなに叩いても、 6打として計算される

 

隠しホール の もらえる ハンデ合計×1.2=ハンデ総合計 となる。

 

隠しホール → 前半6ホール + 後半6ホール

        前半 par5×1ホール・par4×4ホール・par3×1ホール

        後半 par5×1ホール・par4×4ホール・par3×1ホール

 

       Par5→ 全4ホールのうち、隠しホール2ホール 50%

       Par4→ 全10ホールのうち、隠しホール8ホール 80%

       Par3→ 全4ホールのうち、隠しホール2ホール 50%

ということは

【勝つ確率を上げるコツ①】

par4のミドルホールは80%隠しホールなので、叩くなら、par4でたたく。

【勝つ確率を上げるコツ②】

ダブルパーカット か トリプル(ボギー)カットかを頭に入れておき、叩きまくったら、隠しホールに入ってることを祈って、何打叩いても気にしない。~気分を切り替える。

【勝つ確率を上げるコツ③】

ロングホール・ショートホールは 隠しホール確率50%だから、ハンデをもらえることなんか期待せず、少しでもスコアがよくなるように集中する。

 

【勝つ確率を上げるコツ④】

隠しホールは ほとんどのコースで、出だしホールと上がりホールは除外される。

1番・9番・10番・18番

(例)アウトスタートで 1番がロング 9番がミドルなら

   おのずと前半の隠しホールは、もう一方のロング

   9番以外の5ホールあるミドルのうち、実に4ホール・・・となる。

   そうすると、隠しホールを予測しやすい。

   スコアを崩すなら、隠しホール

   隠しホール以外はとことん頑張る・・・笑

 

【勝つ確率を上げるコツ⑤】

ダブルぺリア方式だの、ハンデだの、全く気にせず、自分ゴルフの実力を上げることが、実は一番、『気持ちいいゴルフ』ができる。

 

ダブルペリアの計算方法~

 コンペで幹事さんが、

 

『隠しホールは 東コース① ③ ④ ⑥ ⑦ ⑧、西コース② ③ ④ ⑥ ⑦ ⑨

 

各ホールはW(ダブル)パーカット、同ネットはグロス、年齢です。』

 

 まず、ダブルペリアの隠しホールは12あります。

 

 

そして、W(ダブル)パーカットというのは、〝隠しホール〟の上限スコアの事であり、

Par3の隠しホールなら、8叩いても6、Par5なら14叩いても10として計算される。

パーの倍の数字までしかハンディに反映されません。

つまり、それ以上叩いてしまうと損してしまうということです。

 

コンペによってはトリプルカットもあります。トリプルカットはパーに対して+3までです。

例えば、par5なら、8まで計算します。10でも、8としてカウントします。

 

 

 

では、スコアカードを照らし合わせながら解説していきます。 

 

赤マルが隠しホールです。先程、幹事さんが読み上げたホールです。

 

 この赤マルの隠しホールのパーに対していくつオーバーしているか計算します。

この時、バーディーは-1と計算します。

 

東コース(OUT)

東コースのスコアカード東コースのスコアカード

 

①par4に対してスコアは5なので+1

③はバーディー-1

④は7ですが、ダブルパーの6までのカウントなので、+3

⑥はパーなので、0

⑦par5に対してスコアは6なので+1

⑧はパーなので0

東コースは隠しホールのパーに対してトータル+4

 

 

西コース(IN)

西コースのスコアカード西コースのスコアカード

 

②par3に対してスコアは4なので+1

③はパーなので0

④はpar3に対してスコアは6なので+3

⑥はバーディーで-1

⑦はボギーで+1

⑨はpar5に対して11。この場合ダブルパーカットの上限は10まで。

よって+5

西コースの隠しホールのパーに対してトータル+9

 

 

東コース(+4)+西コース(+9)=+13

そして、ダブルペリアはこの数字に1.2をかけるとハンディが出ます。

 

13×1.2=15.6

 

 これがハンディキャップです。

この時スコアは93なので

93-15.6=77.4がNETのスコアです。

 

 

【どのレベルの人が一番、優勝しやすいか?】

仮に、どのホールも、オーバーパー数が同じにプレーできるロボット人間がいたら・・・

その人の各ホールのオーバーパー数=S とする。

 

その人のスコア → 72+18S

その人のハンデ → 12S×1.2

ダブルぺリアNETスコア = (72+18S)ー12S×1.2

             = 72+3.6S

(全ホールオーバーパー数▲1の人=54で回る人)→ NET 68.4

(全ホールオーバーパー数0の人=72で回る人) → NET 72.0

(全ホールオーバーパー数1の人=90で回る人) → NET 75.6

(全ホールオーバーパー数2の人=108で回る人)→ NET 79.2

(全ホールオーバーパー数3の人=126で回る人)→ NET 82.8

トリプルパーカットなら、これ以上悪い人はハンデ打ち止め~NET悪くなるだけ

(全ホールオーバーパー数4の人=144で回る人)→ NET 86.4

よく、90前後が一番優勝しやすい・・・というがそうでもない。

ただ、パープレーで回る人はこれ以上良くならない。

仮に90で回る人が、隠しホールで 1スコアを崩すと・・・

1ー1.2×1=▲0.2

隠しホールで1打悪くなるごとに、NETスコアが0.2下がる・・・

・・・でも、どのレベルが一番優勝しやすい・・・というのは、、、、確率的には、うまければうまい人ほど優勝しやすい・・・

 

ただ、 80代くらいの人が、たまたまトリプルボギーをたたいて、そこが隠しホールでそういうホールが重なった・・・という人が優勝しやすい・・・

 

結局、こそくなことを考えず、うまくなった人が、優勝しやすい・・・ということか。