kenkostyle2011’s blog

『世界の人々を勇気づけ、平和と豊かさに貢献する』

自分の自惚れを反省 【仕事術:記事193】

最近、私が 責任者をしている現場で、『休業災害』を起こしてしまった。

私はいままで、この『休業災害』を、自分が責任者の現場では起こしたことがない。

ただ、どんどん、どんどん 持つ現場が大きくなってきているから、危険性が大きくなってきている。だから、『臆病』になるし、その『臆病』になる気持ちを失わず、

『絶対に事故は起こさせないぞ』という気持ちを持ち続けてはいた。

 

自分の 『安全に厳しい眼』と 『この作業員やばいぞ』

という『選球眼』 そして

現場全体を『ぴりっ』とさせる『雰囲気づくり』には 多少なりとも自信があった。

だからこそ ここまで 『無事故』でこれた気がする。 運もよかったが。

 

ただ、今回の事故 で いろいろと方々から袋叩きにあった。

 

納得いかない気持ち

許せない気持ち  は 当然ある。

それは 絶対に忘れない。 理不尽な言い方をした人間には、いずれ 『倍返し』するつもり。

 

それは それとして 素直に感じたことは

●事故が 100%ミスがなかったら起こらない。 

ということ。

 

どれだけ、指示をしてても、作業員の行動まで結びつかなければ100%ではない。

 

どこかに ミスがあって、それに運も加わり・・・事故に結びついてしまう。

 

いままで、状況を加味しながら、『100%』を理想としながらも、『今日は及第点でいいかな』という 自分の甘さがあった。

 

この事故で、自分の腹は決まった。

『ルールの指示』

『ルール厳守の姿勢』 ・・・ これに関して、『100%』でなれけばダメ。

という 自分の基準値を上げることにすればいい。

ただ それだけだ。

答えは簡単。

「安全の基本」の画像検索結果「安全の基本」の画像検索結果

幸いにも ビッグプロジェクト着工当初の事故なので、

『ピンチはチャンス』ととらえ、

『もう事故は起こせない』という考えを浸透させ、 現場全体もその気持ちを忘れていない今こそ、『100%』やることをやればいいだけだ。

 

『自惚れ』を捨てて、初心にかえる所存だ。

「初心」の画像検索結果