kenkostyle2011’s blog

『世界の人々を勇気づけ、平和と豊かさに貢献する』

時短真剣取組(2017開始)して・・・⑱ 【仕事術:記事226】

前回のブログ報告で

全てが 完璧にできるようになった・・・???と思われそうだが、

完璧にはなっていない。

 

その後、2週間・・・の間に、 19:30事務所撤退ノルマを 破ったのが2回あった。

 

その二回とも、

主任・平社員君たちを先に帰らせる日

『主任・平社員・事務員 懇親会(飲み会)』で 早く帰らせた日

『主任・平社員君 たちが 支社に勉強会』で 夕方にいなくなった日

二日間。

 

こん二日間とも 私は出張で 午後から不在。

施錠責任者は 管理職B氏 および C氏である。

 

この 『逆門限破りの日』は 私に 施錠・警備開始連絡メールが来たのが

どちらも 19:31  ➡ 1分遅れ

 

そして、その5分後に また 事務所が開錠され、最後に 19:40頃

再度 施錠・警備開始連絡メールが来た。

 

事情を聞くと、 B氏 および C氏は 慌てて事務所を出ようと、施錠して 警備開始・・・と思いきや、どこかが きちんと戸締りできていなくて、 警報が出て・・・

戸締りを確認して・・・ 再度 施錠・警備開始・・・となったわけだ。

 

これについて

翌週、月曜日早朝幹部会では

「管理職の考え方がまだ甘い。 

 ぎりぎりで 慌てて準備していること自体が 指導する立場の人間としては

 なっていない。

 きちんと戸締りできていない・・・ くだらない言い訳するな。

 先に変える若手に 出入り口以外の戸締りはしておけよ・・・ となぜ

 指導できないのか?」

 

 と やっておいた。 (情けない話だが)

 

 そして 早朝幹部会の後の 全員が揃う 朝会では

 「ひとりはみんなのために。みんなはひとりのために。

  早く帰る人間は、残る人間が帰りやすいように・・・

  戸締りしてあげるのは当然。 気配りをせよ。」

 と 伝えておいた。