kenkostyle2011’s blog

『世界の人々を勇気づけ、平和と豊かさに貢献する』

ルーズベルトゲーム(今日の広島カープの戦い方に学ぶ)【その他:記事143】

いやあ 今日(2017・5・4)の広島カープの試合もすごかった

 

8対7のルーズベルトゲームである。

 

今日の試合をフルでテレビ観戦して、いろいろと学んだ。

 

まず

 

① カープ先発の大瀬良 ➡ いくら押さえていても、先頭打者を四球で歩かしていては、相手に流れを与えるようなもの

 

② カープ先発の大瀬良 ➡ ヒット打たれていないのに、四球でランナーを与え、

自分で自分の首を絞め、挙句の果てに、与えた初安打が ゲレーロの3ランホーマー。

 

ただ、 ここでカープは終わらない・・・

 

③ 丸がすぐさま、反撃の狼煙(のろし)の一発。   

  闘う姿勢をチームに与えるには、やはり、すぐさま・・・の反撃だ。

 

そこから、同点・・・そして、逆転・・・

 

でも、大瀬良はまた 四球を与えて、大ピンチを背負い、マウンドを譲る。

結局、中田がよく投げたが、不運な逆転ヒットを打たれる・・・

 

同点に追いついたが、薮田がピリッとしない・・・

 

やはり、先頭打者を四球で出し、リードを許す。

 

④ ただ、調子悪いなりにも、なんとか粘って、最少失点に押さえておけば、

  その後、何が起こるか分からない・・・ 要は 絶対に諦めてはいけないということだ。

 

そして、1点ビハインドの8回

今売り出し中の西川が先頭打者だ。

 

とにかく、くらいつく・・・粘る・・・ボールには手を出さない・・・

そして、同点ホームランだ。

球場のムードを一転させ

押せ押せムードで 野間が四球 ~ 犠打 ~ 千両役者新井の決勝タイムリーだ・・・

 

⑤ ただ、 中日の継投はミスだ。 7回ぴしゃりと抑えた岡田を8回続投すべきだったと思う。

 

相手に勢いを与えることを極力しない・・・

劣勢でも、すぐさま 反撃の姿勢を見せる・・・

劣勢になっても、決してあきらめない・・・

相手のミスは 必ずものにする・・・

 

全て当たり前のことだが、これが できるときは 本物の強さかもしれない。

「大瀬良」の画像検索結果「カープ安部」の画像検索結果「カープ西川」の画像検索結果「カープ新井」の画像検索結果

「カープ新井」の画像検索結果