読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kenkostyle2011’s blog

『世界の人々を勇気づけ、平和と豊かさに貢献する』

『絶対達成』VS『残業ゼロ』 【仕事術:記事282】

■「ホワイトカラー」と呼ばれるオフィスワーカーには、「ワークライフバランス」を重視しすぎて、本来の目的を忘れてしまう人が多い。

 

「仕事があるのに残業しない」人

➡ 単純にその人の作業密度が低いため、普通なら7時間で終わる仕事を7時間で終わらせることができないだけなのです。

 

➡ 優先順位も考えず、人に相談もせず、自分なりのやり方でダラダラ定時時間内を過ごしておきながら、「ワークライフバランスが大事ですから」といった表情で、ひょうひょうと定時でオフィスを後にしようとする人だ。

 

はっきり言って 管理職は キレそうになりますよね。

 

■「絶対達成」よりも「残業ゼロ」が優先されるのが、今の世の中の風潮。

 

➡ 『何が成果なのか』『何が組織の目標なのか』

  が曖昧な部署においてはなおさら。

 

➡ そういう部署・組織は全体的に 作業密度が低い ~ だらだら長時間労働する

 

➡ 「残業をゼロにしろ」と言われれば、作業密度はそのままで、ただ残業せずに帰るだけ。

 

➡ ➡ ➡ ➡ ➡ ポイントは作業密度。

(作業密度の超高い状態で長時間労働をするのも本来はベストだが、、、多少メリハリつけるとして)

 

もしも、部署・組織が 常に作業密度が低い状態が続いているならば・・・

 

➡(私ならば)無理やり、労働時間を短くし、時間あたりで処理する仕事量を増やすようにさせる。

 

➡ そうやって、徐々に 作業密度を上げる小さな成功体験を積み重ねさせる。