kenkostyle2011’s blog

『世界の人々を勇気づけ、平和と豊かさに貢献する』

失敗を認めよ(偉い人間ほど)【仕事術:記事297】

うちの組織にいる 通称『サンドバック』君。

 

本人も厳しいだろうが・・・周りもつらい・・・

 

『サンドバック』君を迎え入れて、四カ月。

 

やはり、力不足で、配置は間違っていたと言わざるを得ない。

 

そろそろ、組織改正をする。 もう 限界に近い。

 

失敗を認めよ・・・と思うのは、『サンドバック』君をいまの重職に推薦してきた・・・

 

会社上層部に対してだ。

 

ここまで来ると・・・この配置は『間違っていた』と言わざるを得ない。

 

素直に認めるべきだ。

 

それを 先日も堂々と指摘した。

 

すると、言ってることはわかったようだが・・・

 

それを、『テコ入れ』という手段で賄おうとする・・・

 

要は、さらなる配置転換で

 

『サンドバック』君を放出すれば

➡ ●サンドバック君にとって、失敗した人間のレッテルを貼ったことになる・・・

  ●なんとか サンドバック君の配置の失敗を覆い隠すために、テコ入れでなんとか耐えてほしい・・・という思いがある・・・

  

ただ、私が提案したのは、もっと厳しい人事だ

① 『サンドバック』君を他の組織に異動させ、一から自信を取り戻させたい

② 『サンドバック』君をこの組織にいさせ続けるならば、配置転換し、降格させて

   責任を軽減させたい。

③ 職人連中からもクレーム来てるんだが、『サンドバック』君の重職をだれかがフォローしても、『サンドバック』君を介さなくてはならないので、ワンクッション置くことになるので、スピード感が落ちる・・・

④『サンドバック』君の部下たちは 彼に相談しようともしない

  →要は推進力と解決力がないため、相談しても無駄だと 力ない部下でさえ思ってしまっているのだ・・・

 

➡ ②の場合、本人は降格しても その組織に居続けるのは、いたたまれないのでは??? だから、私は 他の組織に異動させたい。

 

配置転換 は 普通の組織では当然。

 

あまりに過保護にしすぎると、組織が停滞する。

 

『信賞必罰』は大切だ。

 

その地位を全うできなかったら 本人も それを提案した人間も・・・きちんと 素直に反省し 課題を明確にし 次に臨めばよいだけ。

 

無駄に 傷口を広げる必要はない。

「失敗を認める」の画像検索結果

 

最後に

 

私自身も いくら力ないとはいえ

『サンドバック』君を 見事に 期待以上に開花させた・・・

という 結果を出せずに 悔しい思いをしている。