kenkostyle2011’s blog

『世界の人々を勇気づけ、平和と豊かさに貢献する』

リーダーは『人気ある人』であるべきか???【仕事術:記事327】

まず リーダーは 『好かれる人』であるべきか・・・・???

 

それは 好かれたほうがいいが、『好かれないこと』もきちんと見抜き、改革できるほうがいい。

だから、いつも『好かれる人』である必要はない。

時には、心を鬼にして、『好かれない人』にもなれなければならない。

 

では、同じような表現かもしれないが、リーダーは『人気ある人』であるべきか・・・???

これも 人気あるほうがいいに決まってるが、

万人受けしないことも 改革できなければ 真のリーダーではない。

だが、最初は 軋轢があっても やってることが間違いではなく、結果がどんどんついてくるうちに、わかる人間が分かってくる。

そうすると、人間的には好きではなくても、リーダーとして人気は出てくる。

ただ、やり方が あまりに強引だと

人気は出ないままの場合も多い。

 

やり方が多少 強引であっても

きちんと結果を出せるリーダーは

好かれようが・・・好かれまいが・・・

人気でようが・・・人気でまいが・・・

『一目置かれる』 ➡ 『リスペクトされる』 レベルにくるはず。

そして、大きな枠の中で、

分かっていなかった人たちが、結果をじかに感じ・・・『やっぱり正しかったんだ・・・』と気づいてくるうちに

その『尊敬の念』がどんどん大きくなってくる・・・。

 

私の思うところ

『真のリーダー』は『尊敬される人』だと思う。

 

面白おかしく 飲みニケーション レクレーション などの息抜きで

仲良くなった気になってる組織のリーダーは、嫌われることを怖がっている人も多い。

嫌われるようなことも きちんと 白黒はっきり伝え、

それで、最後には 好かれ ➡ 人気が出て ➡ 尊敬される リーダーになれば

最高かもしれない。

「尊敬の念」の画像検索結果