kenkostyle2011’s blog

『世界の人々を勇気づけ、平和と豊かさに貢献する』

不可解な怒り(十数年経っても、理解できないこと)???【仕事術:記事392】


10年ほど前、自分のプロジェクトで 少々切羽詰まってきたときに、

仲の良い、能力的にも信頼している 図面屋のNくんを思い出し、Nくん所属会社社長の携帯に電話した。

『お願いがあります。非常にプロジェクトも切羽詰まってきてるので、Nを貸してくれ。』と。

それまで、いつも 穏やかにそして 熱く 仕事について 相談してきていた相手。

ただ、この 『貸してくれ』の言葉に逆上。

『Nはものじゃねえ』・・・そこから 信頼の証がそういう言葉になってしまったことをいくら詫びても、そのことについては 全く受け入れようとしない。

そのこと以外については わだかまりがありつつも 打ち合わせは進めることができたが・・・

事あるごとに、そのことについて詫びても、そのことについては 一切受け入れず、聞く耳を持とうともしない・・・

正直 数回 このやりとりを繰り返してるうちに 自分も 『なんなんだ この男は・・・ 相当 やってやってる感満載で 天狗になっているな・・・』と

思いはじめていた。

そこから 数年

別の 自分が 関わっていないビッグプロジェクトにおいて

Nくんは 相変わらず 力を発揮していた・・・

その 最盛期にその プロジェクトで何があったか??? わからないが・・・

突然 Nくんの社長がいますぐ パソコンを片付けて 今晩 撤退してこい・・・と命令

Nくんは 手がけていた業務を 誰にも引き継げず 本人も理由がわかるようで わけわからず・・・・

いう通りにして 撤退・・・

これまた そのプロジェクトに関わる しかるべき立場の数人にヒヤリングしても、自覚症状なし・・・

思い当たる節なし・・・

こんな 珍事件が おきた

Nくんとは それからも 友達なんで 付き合いは 続いている。

だが、その社長とは 連絡もとらないし 取りたいとも 思わないし 取引もしない。

Nくんに聞いても わかる範囲でも そのことには 触れようとしない・・・

いまでも あの社長の怒り方は 不可解極まりないし、非常に横柄な対応だった。

社長とはいえ、 天狗になってはいけない。