kenkostyle2011’s blog

『世界の人々を勇気づけ、平和と豊かさに貢献する』

フルマラソンの良さ【健康アンチエイジング:記事315】

フルマラソンを走る良さってなんだろう???

 

・ 自分ひとりの練習では 絶対に走るのがつらい距離を走れる・・・

 

・ 凡人が走るのは無理だと感じるような距離42.195km

  を 意外と走れる・・・

 

・ 年齢を重ねても 瞬発力が必要な競技でないために 努力次第で記録が伸びる・・・

 

・ 周りが考えられないと思うような距離42.195kmを走れることを実感したときの優越感

 

・ 苦しい苦しい距離を耐えて耐えてゴールした時の達成感

 

  ひとそれぞれ いろいろ 感じ方は違うだろうが・・・

フルマラソン(人生27回目)走ってきました③【健康アンチエイジング:記事314】

31km地点で 給水所のおじさんが

「あと残り11kmだけど 上りはあと2kmだけだよ・・・」と言っていた

 

その言葉を頼りに 上りを気にしないようにして

ゆっくりゆっくし 確実な足取りで進んだ・・・

 

35kmまできた・・・

まだ いける

ペースはゆっくりながら 最後まで歩かない・・・というのは 達成できるかも???

 

34km過ぎからは ずっと 軽い下り・・・

36km地点から 下りが 急に脚に堪え始めた・・・

37km地点 とうとう耐え切れずに 歩いてしまった・・・

もう 自分に意思とは関係なく 気づくと 辛くて 歩いてしまっていた・・・

 

そこからは2km 歩きとおし・・・

歩いてる間も いままでのマラソンでは味わったことないような

腿(もも)の外側・裏側 ふくらはぎの上部・・・

ものすごい疲れで 大股で歩くこともできない状態・・・

あらためて 練習不足は このあたりで 大きな差になることを感じた・・・

 

残り3kmからは 多少 脚が楽になって

走って 歩いて 走って 歩いて

ダッシュして 歩いて

最後は ダッシュして・・・ 無事にゴールできた・・・

 

練習してるか してないか は 正直に身体に出ることを実感

「大町アルプスマ...」の画像検索結果「大町アルプスマ...」の画像検索結果

 

 

フルマラソン(人生27回目)走ってきました②【健康アンチエイジング:記事313】

今回の自分のテーマは 『無理をせず完走する』こと

自己ベスト(3時間54分)を目指そう・・・とかは つゆにも思わない。

 

いつもは 時速11~11.5kmでスタートして 20km地点まではそのペースを維持しようとする・・・のだが・・・

 

今回は、 おそらく 時速9.5~10.0kmで 自分でストレス・・・疲れを全く感じないペースで入った・・・

最初の10kmは そこそこ気持ちよく・・・

でも 10km地点での 自分で自覚する 疲労感は 自己ベストの時の自分とはやはり違う・・・

 

13km地点あたりから 雨がきつくなる・・・

指先が冷え込む・・・

脚も冷えて、急に 左のアキレス腱が 突っ張るような感覚を覚え・・・不安が走った

そこで ペースを落とす・・・

この寒さでは 一度 ペースを落としたら、なかなか戻せないことはわかっていたが・・・

 

ここで この日のレースの方針転換・・・

疲れを感じないペースで 今日は 全く歩かないレースにチャレンジしてみよう・・・と。

(ちなみに 今まで26回のレースで一度も歩かなかったレースは 実は1回しか自分にはない)

 

そこから、落としたペースを維持・・・

20kmまできた・・・

中間地点まできた・・・

 

25km地点あたりから、脚が重くなってきた・・・

また 少しペースを落とす・・・

 

30km地点まできた・・・

思ったより 自分が粘れていることに ちょっと気持ちよさを覚えた・・・

「よーし このまま あと12km 歩かず行ってやろう・・・」

と思った・・・

「大町アルプスマ...」の画像検索結果

フルマラソン(人生27回目)走ってきました①【健康アンチエイジング:記事312】

昨日  2017年10月15日

 

長野県大町市へ 第34回大町アルプスマラソン フルマラソンの部に参加し

完走してきました。

 

このレースに参加するのは 実に四回目。

紅葉もちらほら見える 小雨交じりの 肌寒い天候だった。

 

陸連公認コースとしては、平均標高が一番高いコースらしい。

キャッチフレーズも 『日本の屋根を走ろう』

 

いつもは 自分なりに そこそこ練習してから フルマラソンに臨むのだが・・・

今回は 明らかに練習不足状態・・・

不安しかない状態での スタートであった・・・

 

 

「大町アルプスマ...」の画像検索結果

 

褒められた・・・【仕事術:記事333】

昨日 35人で懇親会があった・・・

 

二年前まで いた 実に500億円以上のプロジェクト

 

間に合わせるために 昼夜二交代制だった 突貫プロジェクト

 

私は 最後の一年間

 

現社長に呼ばれ 『最後の切り札だ』 『この工程を立て直す責任者になってくれ』

の殺し文句に負け 私は乗り込んだ

 

昨日 久々にあいさつしたのは そのとき安全を見てくれていた重鎮・・・

 

その重鎮が

「私は いくら声を張り上げても どうにもならない組織 何度のこんな組織なら辞める・・・と言ってた」

「でも あなたが来てくれたから 一本の柱がどーんと座り ばらばらだったみんなの方向が この方向に向かおうぜ・・・と変わったんだ・・・」

と 言ってくれた。

 

正直に 嬉しかったし そういうふうに見てくれていたんだ・・・ と感謝した。

 

途中 私も 疲れて トーンダウンしてる時期もあったが

そのときに その重鎮は そっと私のところにきて

「最近 あなたの 叱咤激励の大きな声が影を潜めてませんか?

 あなたがやらないと やっぱりだめですよ・・・」 と ささやいてくれた。

 

それから 私も また モチベーションを上げることができ

なんとか そのプロジェクトも 無事に 終わらせることができた・・・

 

これからも そういうふうに 周りを良い方向に動かせる人間でい続けたい。

ハードコンタクト紛失・・・【健康アンチエイジング:記事311】

10月2日より使い始めている ハードコンタクトレンズ(眼科医推奨)・・・

 

昨日 電車で居眠りをして・・・

 

そのあと 起きて しばらく歩いて・・・

 

サングラスを取ると 左眼がみえにくくなっていることに気づき・・・

 

散々 眼の中を探したが・・・

 

コンタクトレンズがなくなっていた・・・

 

会議の後 すぐに かかりつけの眼科医に行ってみてもらっても

眼の中にはない・・・

 

どうやら 寝てたとき??? そのあと???

眼からはがれおちたようだ・・・・

 

すぐ 作り直しの手配をしたが・・・

 

まだ使って 約10日間しか経ってないのに・・・

 

悔しい・・・

守破離の精神【仕事術:記事332】

昔 剣道をやっていたころ・・・

 

守破離 (しゅはり)という言葉を習った

 

 守 ➡ 守る ➡ 師匠に教わったことを守る

 

 破 ➡ 破る ➡ 師匠に教わったことを打ち破る

 

 離 ➡ 離れる ➡ 師匠に教わったことから離れ、『自分のもの』を作る

 

素晴らしい言葉だと思う

まさに 達人に通ずる言葉だ

 

社会人は 達人でなくてもよいが 少なくとも 『守』はやりきりたい

これができれば そこそこのレベルになるだろう

 

『破』ができれば 一流

 

『離』がでれきば 超一流 だろう。