kenkostyle2011’s blog

『世界の人々を勇気づけ、平和と豊かさに貢献する』

広島カープ 歴史的逆転負けの反省点 【その他:記事145】

カープ

 

2017・05・05

4対0からの 逆転負け

 

2017・05・06

9対0からの 大逆転負け

 

9点差をひっくりかえされたのは

実に22年ぶり

歴史的大逆転負けだ

 

四死球の多さが そのまま 点につながっている

雰囲気に飲まれて

突然 制御不能に陥ってしまっている投手たち・・・

 

四死球はもったいない・・・

というが

結局 ストライクが入らないのは 実力がないからだ

制球力がないからだ

 

二試合見ていたが

決して 気を抜いてはいない・・・

だからこそ 大問題だ

 

月並みだが

もう一度

自惚れを捨てて

一球一球 大事に 投げて・・・打って・・・走って・・・

一点を・・・

いや 少しでも次の塁を・・・目指して

出直してほしい。

 

そして 菊池・・・

早く帰って鯉・・・

「カープ逆転負け」の画像検索結果「カープ逆転負け」の画像検索結果

「菊池涼介」の画像検索結果

糖質ってなに?【健康アンチエイジング:記事282】

炭水化物 = 糖質 + 食物繊維

 

➡ したがって 糖質 = 炭水化物 - 食物繊維

  炭水化物のから 食物繊維を 取り除いたもの が 糖質だ。

 

 

糖類とは 

 

単糖類(ブドウ糖オリゴ糖など) + 二糖類(ショ糖・乳糖・麦芽糖など)の総称

 

➡ 糖類とは 『糖質から 多糖類・糖アルコールなどを除いたもの』

 

糖質ゼロ と 糖類ゼロ は まったく異なるもの。

太る仕組み 【健康アンチエイジング:記事281】

① 糖質をとる

 

② 血液中のブドウ糖が増えると 血糖値が上昇する

 

③ 膵臓からインスリンが分泌され、

  ブドウ糖が筋肉の エネルギー源になる

 

④ 余った ブドウ糖は異所性脂肪として

  脂肪細胞・肝臓・筋肉に貯蔵される

 

⑤ 太る

 

⑥ インスリンの働きが悪くなる ~ 糖尿病の原因

糖質が多いとなぜ悪いのか?【健康アンチエイジング:記事280】

糖質 ➡ 必須栄養素だと思ってますか?

 

糖質 ➡ エネルギーになる栄養素 ≒ エネルギーにしかならない栄養素

 

糖質 ➡ 唯一の 血糖値を上げる栄養素

 

炭水化物を食べる → 血液中のブドウ糖増加 → 血糖値上昇

 

膵臓からインスリン分泌 

→ ブドウ糖を 筋肉のエネルギーにする反面、

  余ると 肝臓や筋肉にブドウ糖を取り込み、異所性脂肪として貯蔵

 

→ 異所性脂肪は インスリンの働きを悪くして 糖尿病の原因になる・・・

 

 

ダイエットの流行りの遷り変わり・・・【健康アンチエイジング:記事279】

いろんなダイエットが 現れては・・・消えて・・・

(消えたわけではないが)

 

■ 水をとらないほうがいい

■ いや 水をとりたくならないように 塩をとらないほうがいい

■ 油をとらないほうがいい

・・・

 

リンゴばかり食べて痩せた・・・

運動量を増やして痩せた・・・

野菜中心にして痩せた・・・

たんぱく質を多くして痩せた・・・

禁酒して痩せた・・・

体重が減ることがダイエットではない 問題は体組成だ・・・

いろんな ことがもてはやされた

 

どれも 間違ってはいない・・・

どれも 正解だ・・・

 

ダイエットに関して

研究も日進月歩進んでいる・・・

近い 将来 もっと決定的な 原因・問題解決・・・ができるかもしれない・・・

 

現段階で 最も 進んだ研究から 分かってきたことは

『太る原因は 糖質にある』という事だ。

 

これは、50年前と日本人の食生活が大きく変わり

糖質中心になってしまい・・・

糖尿病患者が 50倍に増えてしまっている恐ろしい事実・・・

がん 患者が 30倍に増えてしまっている恐ろしい事実・・・

を見れて 明らかだ。

 

制限なく、好きなものを食べていると・・・

糖質(≒炭水化物)を現代人は 取りすぎるほど 取ってしまえる恐ろしい環境の中で生きていることを 肝に銘じておきたい。

「ダイエット」の画像検索結果

太る原因は体質か? 遺伝か?【健康アンチエイジング:記事278】

はっきり言って、『生活環境』『生活習慣』です。

 

日本人が 痩せてても 糖尿病が多いのは・・・

炭水化物の多い食生活に原因がある。

(体質の差も 多少はありますが)

『絶対達成』VS『残業ゼロ』 を 阻む最大の敵 【仕事術:記事284】

『絶対達成』VS『残業ゼロ』 を 阻む最大の敵・・・

 

これは 何かというと・・・

 

会社が すべての残業代を払ってしまうこと・・・

 

政府の銘を受けて

労働基準監督署

パソコンのログイン ~ ログオフを『勤務時間』として

全て支払うように 大企業への指導に躍起になってしまっていること だ。

 

残業時間には

『不毛な残業』

『帰宅しても やることないから だらだらいる残業』

『定時内に終えれなくて、残業で賄っている 遅れ取り戻し残業』・・・もある。

 

これら すべてに 会社が残業代を払っていると・・・

A『定時内で仕事を終える人間の給料』

≦B『定時内のみならず、残業しても、仕事を終えれない人間の給料』

≦C『定時内で仕事を終えれなず、残業で後れを取り戻す人間の給料』

 

という あほな構図ができあがる。

 

私の率いる組織では・・・ 私は以下のような指導をしている

➡ 一時的には、残業代をたくさんもらえるのは事実かもしれないが・・・ 

  自分が、上職者になり、あるポストに人を就けるとき・・・

  (さきほどの)A ・ B ・ C 誰を選ぶ???

  Aに決まっている。

  そんなのは、昇進の速さで 後でおつりがくるほど取り戻せる。

  それに、Aならば、多くの仕事をこなせるし

  その過程で、B・Cとは比べ物にならないほどの信頼を得れる。

  充実感は 計り知れない。

  だから、それを真実、今の仕事に 限られた時間内で終えるように 全力で取り組め。・・・・と。