kenkostyle2011’s blog

『世界の人々を勇気づけ、平和と豊かさに貢献する』

圧倒的な実力をつける

誰でも、真剣に、仕事やビジネスや趣味に取り組んでいれば、そこそこ一流といわれるくらいなるはず・・・だと思う。

一流というか・・・周りと比べて、圧倒的な実力差をつける。

これができてると、話が早い。

相手に見えていない盲点を指摘してあげて、一緒に解決してあげる・・・

圧倒的な実力差があると、相手の考えてることはほとんどわかる・・・

でも、そのときに相手にはリスペクトの念は示さないといけない。

圧倒的な知識の差をもって、圧倒的なマネジメント力をもって、相手をリスペクトする

念をもって・・・なんにもできないことはない。ついてきてくれない人などほとんどいない。

 

【仕事術:記事㊽】