kenkostyle2011’s blog

『世界の人々を勇気づけ、平和と豊かさに貢献する』

結果に責任を持つ覚悟なき人間は、リーダーになる資格なし【仕事術:記事418】

私は 2019年より

会社の 120億のプロジェクトが 非常に厳しい状態になっており

そこの立て直し請負人として 来ている

 

最近 そこの 『長』 の姿勢に 非常に 違和感と疑問を持ち始めていた

いろいろ ここまでの プロジェクト傾きの原因は 大きくは三つ・・・

その 三つは 

①組織編成の問題 

②重要ポストに配置された人間の能力のなさ

③下請け会社のトラブル

 

この 三つのトラブルに関して

『長』の人間が 全くと言っていいほど 反省がない

責任感も感じてない・・・

その 姿勢が顕著に見え始めてきたので

そろそろ ガツンとやろうと思っていた(相手は11歳年上)

 

今日 私は 出張先から・・・

その『長』に気になるであろう情報を伝えようと電話した

すると その 『長』・・・ 人間の器の小ささを露呈

「そんなことは誰誰からもきいたわ・・・・こっちは 忙しいんだからよ・・・」

 

その言葉に

「そんな 言い方ないだろ。 こっちも 忙しいんだ。 良かれと思って言ってやってんだぞ。 そんな言い方するなら 今後 進言しねーぞ・・・ 」(私)

 

・・・・・・・・・・・ その後 電話を切って差し上げた。

 

私に応援要請をしてきた部署の 部署長に

立て直しを依頼されても 今までの結果に全く反省もなく

そして いろいろ 立て直しの進言をわざわざしてあげてるのに このような態度をとる『長』がいるなら 改革は無理

私も そんな人間とは仕事したくないし お断り・・・

と申し上げた・・・

 

その後 その部署長の上司の 副支店長から 私に 

「本当に申し訳なかった・・・」

「本人にも 厳重注意をして 謝罪させる・・・」と電話あった

 

その 器の小さい『長』から電話あり・・・

まずは ワンコール目で 出ずに切って差し上げた

その20分後・・・また電話きたので 出て・・・

 

「さっきは申し訳なかった・・・」と謝罪があったので

その後は 普段より 重低音のゆっくりした口調で

大人の対応をしておいた

 

謝罪の件はいいが・・・

自分の周りに起こる結果に対して

少しは自分に 矢印を向けて 

「もっとこうしておけば・・・こうならなかったかもしれない・・・」と

思える人間でなければならない

 

そうできない人間が リーダーになると

運よく成功するときもあるが・・・大失敗することもある・・・

 

結果に責任を持つ覚悟なき人間は、リーダーになる資格なし