kenkostyle2011’s blog

『世界の人々を勇気づけ、平和と豊かさに貢献する』

成長ホルモンを増やして老けない身体を作る

【健康アンチエイジング:記事99】

成長ホルモンを増やして老けない体を作る5つの方法

①「成長ホルモン」の修復機能を利用する!

運動することで成長ホルモンが多く分泌される。

積極的にジョギングやスポーツをするのが良い。

大きな筋肉を使ったウエイトトレーニングも有効です。

②簡単な運動で成長ホルモンを増やす

・腕立て伏せ

・腹筋

・スクワット

③ 体脂肪を減らして、成長ホルモンのレベルを高める

体脂肪は中性脂肪が変化したもの。

体脂肪が増えたということは、中性脂肪を分解する成長ホルモンの分泌が減少しているということ。

運動をする=成長ホルモンの分泌が活性化=中性脂肪を分解・体脂肪が減る=(痩せる)=若返るという図式

④食べて成長ホルモンを増やせ!

アルギニン+亜鉛マグネシウム+・・・運動

成長ホルモンを分泌させるには、アミノ酸の一種の「アルギニン」が必要となります。アルギニンは主に、豚のゼラチン、豆類などの大豆製品、かつお節、ごまや、アーモンド・カシューナッツなどのナッツ類に多く含まれています。

そして、それらと一緒に、亜鉛マグネシウムなどのミネラルを摂ると更に効果的になります。
亜鉛は、牡蠣、豚レバー、ほや、牛肉などに、

マグネシウムは、なまこ、しらす干し、油揚げ、納豆や、乾燥あおさ、青のり、わかめなどに多く含まれています。

これらを運動の前後に摂るのが理想的です。

⑤質の良い睡眠が成長ホルモンを促進させる

昔から「寝る子は育つ」「お肌は夜作られる」などと言われていますが、まさにその通り!ぐっすり、深く眠る「ノンレム睡眠」が成長ホルモンの分泌を増加してくれます。。

※成長ホルモンは加齢とともに減少していきます。ですから成長期だけでなく、大人になってからの方が重要なのです。

成長ホルモンを分泌させる方法を実践すれば、老いを遅らせることが可能です。