kenkostyle2011’s blog

『世界の人々を勇気づけ、平和と豊かさに貢献する』

パター練習 で 即結果が出ないことを分析してみる 【健康アンチエイジング:記事197】

この1ヶ月 真面目に 毎日 家で パター練習している。

 

でも、なかなか、実際のラウンドでのパットで結果が出ない。

 

家で、約2.5mの練習マットでは 連続100回入っても、

 

翌日1mのパットを外すことも多々・・・「パット練習」の画像検索結果

 

当たり前だが

◎実際のグリーンでは、たとえ1mのラインでも フック・スライスのラインがあり、

   自分の構えも、微妙な つま先上がり・・・つま先下がり・・・がある。

   ⇒ 実際のこのようなシチュエーションも、練習を重ね、家のマット上と同じ精神状態=『コンフォートゾーン』にしなければならない・・・と痛感した。それができれば、家でのマット上での練習 と 実際のグリーンでの感覚が、つながって、結果に結びつくことになる。 イメージを 練習と実際で、いかにつなげていくか・・・。

「ゴルフパット画...」の画像検索結果

 

脳科学苫米地英人さんの著書で書いてあることは

『いかに本番の状態を コンフォートゾーンにするか』

⇒ その本番状態に慣れる・・・

⇒ その本番状態が「心地いい」「気持ちいい」「楽しい」「すがすがしい」「わくわくする」という気持ちとラップするようにイメージしていく。

⇒ その本番状態で 気持ちよくプレーしている自分をリアルに感じる・・・