kenkostyle2011’s blog

『世界の人々を勇気づけ、平和と豊かさに貢献する』

リーダーを育てる・・・【仕事術:記事215】

吉越浩一郎さんの本をまた読んで・・・

共感するところが多かった・・・

 

リーダーシップにおいて

形式知』 ➡  5%

暗黙知』 ➡ 95% を占めると思われる。

 

暗黙知』とは 匠・技・コツ・勘・暗黙のルール ・・・などの領域。

これらは なかなか教えられない。教えることができない。

試行錯誤の経験から以外体得しにくい。

 

リーダーの資質・・・

スピード・判断力・分析力・実行力・常識・倫理観・諦めない心・・・いろいろあるが・・・いつれも『暗黙知』の領域に属するといえるかもしれない。

 

暗黙知』はなかなか教えられないが、リーダーを育てる手がないわけではない。

➡ その人が自分で学び育つ人間になればいい。

  (教えてもらう・・・という受け身の姿勢では、絶対に 真のリーダーにはなれな

   いことを知っておく。知らせておく。)

 

・ 自分の頭で考えさせる

・ 具体的な期限を区切る(その中で、任せる)

・ 『学ぶ意欲』ある人間には、どんどん どんどん ハードルを上げていってあげ

   る。

・ 集団の底上げも図りながら、『個の自立』を促すことにも気を配る。 

 

20世紀最高の経営者のひとり ジャック・ウェルチ

リーダーの条件に「4つのE」を挙げている。

 

① Energy 仕事を成し遂げる情熱の持ち主

② Energize 組織を活性化できる

③ Edge   厳しさを持ち、困難な決断ができる

④ Execute 実行力

 

全て『暗黙知』だから 自ら学ぼうとする人間以外絶対に、身につかない。

 

リーダーは 人格者で尊敬されなければならない・・・ とか

リーダーシップを発揮するには、部下から好かれなくてはならない・・・とか

あまり気にする必要ないかもしれない。

 

上記の4つを持ち続け、『結果』が出せれば、それでよい。

よけいなことは考える必要ないかもしれない。

分かる人間は 分かるはず。

     「リーダーシップ」の画像検索結果