kenkostyle2011’s blog

『世界の人々を勇気づけ、平和と豊かさに貢献する』

時短真剣取組(2017開始)して・・・㉙【仕事術:記事263】

余談だが

 

サンドバック君(サンドバック状態だった新任役職者) は 営業所がその地位に自信をもって推薦してきた男。

 

その営業所管内で、すくすくと成長してきたようだ。

 

でも、はっきり言って、営業所の見方は甘い。

 

分かる人は、うすうす分かっていたようだが

 

そのサンドバック君は、

● 人を使うのが下手

● 人にふるより 自分で夜な夜なやりたいタイプ

● 多少結果を出してきているが、それは 10億以下の小さな仕事  

  それを 個人の夜な夜な努力で乗り切ってきた

 

その彼が、

● 100億以上の 物量 で 面食らってしまった

● 人を使うのも下手だから 大所帯を動かすこともできない

● さらにおいうちをかけるのは 私の組織でやっている『本気の時短』だ

 『時短』とは無縁の人間だったサンドバック君。 仕事のつじつまを合わす術(すべ)を失っていた・・・

 

それで サンドバック状態・・・パンチドランカー状態になっていた。

 

◎ 営業所も人を見る眼が甘いな。 とも思う。

◎ サンドバック君が期待の星・・・というあたりにも 昨今の人材不足も感じる。

◎ 時短(タイムマネジメント)に本気で取り組むからこそ、根本的な仕事の進め方を

  考え直さないといけない・・・という事に改めて痛感。

◎ 私の組織は120億以上

  営業所・支店幹部も 実は この大規模を組織を実際やったことある人間・・・

  実は数えるほどしかいない。

  ここだけの話だが、偉そうな顔して指示出したつもりでいるが、自分で実際にやれ  るか???は 甚だ疑問だ。

  だから、送り込む人選も 出すほうが物量・難易度を把握しきっていないから、

  間違うことも多い。

 

  ➡ その会社のミスも帳消しにしてあげる・・・という能力と技量も 責任者

    には必要となってくる。(こういうところが私は楽しいところではある)