kenkostyle2011’s blog

『世界の人々を勇気づけ、平和と豊かさに貢献する』

スピード練習【健康アンチエイジング:記事268】

たまには、股関節の可動域を上げるため・・・

 

瞬発力を上げるため・・・

 

ジムのランニングマシンで

最高時速16kmで走ってみた。

 

3分間しかもたないが、

たまにはいい。

 

終わった後、臀部の筋肉に疲れを感じるのは、

やはり、通常のジョギングでは鍛えられない筋肉を使っているからだ。

 

いろんなやり方で

いろんな筋肉を満遍なく使うのも

いい練習だ。

「全速力」の画像検索結果

ランニング力が伸びてる感じがない【健康アンチエイジング:記事267】

昨年も、1800km

 

今年も、毎日 どんなことがあっても1km以上のランニング

を連続して行っている。

 

3月終了時点で500km走れてるから

年間目標2000kmに向かって 順調と言えば順調だ。

 

でも、走力が伸びてる感じはしない。

いつでも、今日でも、明日でも、フルマラソンを4時間30分以内で走れる状態にはなっている。

 

でも、それ以上に伸びてる感じはしない。

 

この状態を打破するとなると・・・

もっと スピードを上げた練習・・・

そして、距離も増やす・・・

体重も減らす・・・

 

体重を減らすことは、走力のためでなくても 必要と思っている・・・

でも、これ以上練習を増やすか・・・???

スピードを上げた練習をするか・・・???

判断が難しいところ。

 

負荷を増やすより、今の状態をいかに継続するか・・・???

負荷を増やすと、苦しくなり 続かなくなる可能性もある・・・

 

年齢とともに、普通なら、落ちてくるところを、維持できているのをよしとするか・・・???

 

悩ましいところだ。

「レベルアップ」の画像検索結果「現状維持」の画像検索結果

回想(過去の仕事を振り返らせてください)②【仕事術:記事252】

責任者としての ほろ苦いデビュー戦から約二年後。

 

再び チャンスが回ってきた。

 

金額は約4.5億円のプロジェクト。

 

デビュー戦の後、常にことチャンスを見計らって、自分を鍛える努力はしてきたつもりだった。

その姿勢が、しかるべき人の目に留まり、

引退間際の重鎮から声をかけられ・・・

自分のオブザーバーのような感じで、いろいろとアドバイスしてくれた・・・

 

問題もなく、進み・・・

 

途中から、仕事も追加をいただき・・・

最後には、総額5.8億円まで増えた。

結果も、得意先は非常に満足してもらった・・・

 

仕事を終えた後も

いろいろの小口の仕事や 相談を 直接、しかも数多くいただいた。

 

ここで、初めて、自分が 責任者としてもスタートラインに立てた気がした。

「スタートライン」の画像検索結果「スタートライン」の画像検索結果

回想(過去の仕事を振り返らせてください)①【仕事術:記事251】

自分は、まだまだ 勉強中の身ですが・・・

 

いままで、仕事でお世話になった方々への感謝を忘れないために・・・

 

振り返らせてください。

 

20代後半

最初の プロジェクトリーダー(責任者)となった現場・・・

金額は ちょうと 2億円。

 

右も左もわからず・・・ しかも 難しい仕事で・・・

設計事務所とも衝突した・・・

設計事務所からは、会社に文句も言われた・・・

会社からは、節目節目で いろいろ応援をもらった・・・

 

これでは、終わらない・・・と何度も思った・・・

 

寮に帰るより、仕事が気になって仕方ないから、仕事場にいたかった・・・

最高、四日間 事務所に寝泊まりした。(あまり寝てないが)

 

途中から、半分ヤクザっぽい設計事務所からは

『あなたは、大技だけかと思ったが、小技もできますね・・・さすが』

と言われた。 その時はその言葉に喜んだが、今考えれば、『なめるなよ』

という感じもある。

 

血のにじむ努力(のつもり)で完成・完了した。

しばらくは、設計や施主と わきあいあいムードだったが・・・

その後、追加金額交渉・・・

そして、施主の奥様に 対応について、『不満』のお手紙が会社に届いた・・・

 

ちょっと関係が ギクシャクした・・・

 

・施主の上立場の方 → ◎めちゃくちゃ評価され、感謝された・・・

・施主からの評価 → ▲

・設計からの評価 → △

 

今となっては、いろいろと反省するところ多々。

あと、ヤクザっぽい設計を野放しにしてしまった 自分の実力のなさに反省。

施主との対応も、いろいろと気配りが不足していたことに反省。

 

「デビュー戦」の画像検索結果

 

ニーズをつかむ 【仕事術:記事250】

では、どうやって、クライアント(顧客)のニーズ=本当に求めていること

 

をつかむのか?

 

 

これも、自分はまだまだ 勉強中の身であるので、自分の頭の整理のために書き出してみたい。

 

クライアント(顧客)のニーズ=本当に求めていること

にも 二つあると思う。

「ニーズ」の画像検索結果

①は当然、 クライアントが言葉で発してくれていること

 ➡ ここでは、言葉のやり取りの中で、「当然、このレベルまではお願いしますね」

   という『暗黙の了解』のレベルまで つかみきることも含む。

 

②は難しい、クライアント自身も、心の中では持っているが、言葉で伝えきれないニーズ

 ➡ クライアントも専門部署ではあるが、依頼する分野では『プロ』ではない。

   だから、『プロ』に頼む。

   『こんな感じ・・・』と思ってはいても、そこから先は、うまく伝えきれないことが多い。

 ➡ ひょっとしたら、こういう提案も喜ぶかもしれないぞ・・・

   という『心の奥底の、言葉に言い表せないニーズ』だ。

 

では、この『心の奥底の、言葉に言い表せないニーズ』をつかむには・・・???

 

● 相手との会話で、正しい情報を 正しく理解する。

● 相手との会話と数回のやり取りの中で、信頼関係を勝ち取り、

  そこで、より 詳細な情報を得る。

● クライアントの窓口の人間の、立場・性格を理解し、そこから得られる情報は、

  クライアント全体の意思・ニーズなのか・・・??? と分析・理解する。

● クライアント窓口の情報だけでは不足ならば、その上、その奥・・・に 入り込み 

  正しい情報を得るようにする。

 

全て、プロの営業マンは 考えてることではあるが・・・

この やり方が うまいか・・・???下手か・・・???で結果が大きく変わる。

「ニーズ」の画像検索結果

ポイントを押さえる【仕事術:記事249】

では、どうやったら 『ポイントを押さえる』ことができるのだろうか。

 

自分も まだまだ 勉強中の身であるが・・・

 

当たり前のことを、自分の頭の整理のために、書き出します。

 

① どれくらいの仕事量があるか・・・自分が正しく把握する。

  ➡ 時間が足りない人は、仕事量を正しく把握していない。

    だから、直前、ばたばたする。

 

② その仕事量が、どれくらい時間がかかるか? 部下の能力も含めて正しく把握する。

  ➡ 正しく把握すればこそ、指示の丁寧さも、人によってグレードを変えられる。

  ➡ 正しく把握すればこそ、気にするので、必要であれば、途中のフォローもする。

 

③ クライアント(顧客)などの相手の求めていることを、正しく把握する。

  ➡ 一番大事なことだが、きちんと聞き、きちんと助言・主張をしている過程で、  信頼関係を構築できていれば、相手のニーズは必ず把握できる。

 

④ 部下に クライアントのニーズを正しく伝える。

  

⑤ その部下に 『なぜ やらせるか?』も正しく理解させる。

「ポイント」の画像検索結果

 

時短真剣取組(2017開始)して・・・㉒【仕事術:記事248】

お恥ずかしながら・・・

 

自分の組織も、まだまだ 時短に対する『本当の意識』が低い。

 

おそらく、今、私がやめてしまったら、 部下たちは 喜んで時短取り組みをやめてしまうだろう・・・

 

いや、間違いない。

 

何度も言っているが、時短に取り組む本当の狙い

◎ 魅力ある業界を作る

◎ 最小人数で、最高の効率で、最高の結果を目指したい

◎ その過程で、各々が成長し、最小時間で 最高の結果を出せる人間に成長する

 

これを 何度も言っているが・・・ 心の底からはまだわかっていない。

 

業務がひっ迫しているのも、『もっと時間があれば・・・』と思っている。

業務が終わらなければ、『お願いします・・・残業を許可ください・・・』と

恥を忍び、私にお願いすればいいと思っている。

(こちらも、ちょっとやそとじゃ 譲らないが)

 

まだまだ、時間の使い方が下手だ。

 

そして、仕事のポイントを押さえていない。

「ポイント押さえ...」の画像検索結果